続「千葉(せんよう)の堕天聖」の導きとともに

7年以上アメブロで続けていましたが、ライブドアブログに引っ越して参りました。 基本的に相互交流を目的としており、ご訪問は定期的にコメントを頂けるブロガーさんに限らせて頂いております。

7年以上アメブロで活動して参りましたが、諸般の事情でこちらに新規開設致しました。 主に深夜アニメ関連のネタや感想、フィギュア・グッズなどが中心のブログとなります。 ブログは自己表現の場であるとともに、相互交流・コミュニケーションの場と考えておりますので、コメント大歓迎! ブロガーさんへのご訪問は、定期的にコメント頂ける方とさせて頂きます。 《過去のアメブロ記事》 https://profile.ameba.jp/ameba/shinig-wizard?frm_id=v.jpameblo&device_id=419c05873ce2425686addbc3a15e1fd2

ども、YASUみちのく@甲斐の堕戦士デスデス
こちらは「はいふり」Tシャツです
デフォルメが可愛い!



やっとこさ、昨日観てきましたv(^ o ^)
タマちゃんの可愛さも堪能してきました


劇場版「ハイスクール・フリート」
公開から結局1ヶ月経ってしまいました
まだ上映しててよかったぁ


核心には触れませんが、若干のネタバレっぽい要素がありますのでご注意を


まず気になっていたこと
TVシリーズの晴風Y467
最終回で惜しまれつつ沈んでしまいました


そしてOVAで登場した晴風Y469
劇場版では新しい晴風について全く触れませんでした
OVA見てないと、なんだこの晴風は??ってなっちゃいます


晴風乗員だけでなく、先輩達も大集結してました
ただでも多いキャストが更に多いw
序盤は中盤以降の伏線を張りつつ、楽しさを味わうパート


劇場版のキーパーソンとなるスーちゃん
褐色のロリちゃんです
ちなみにごく僅かに膨らみ始めてましたよ←何がだよ!


艦長ミケちゃん副長シロちゃん揃って呼び出し
話の根幹となる、シロちゃん比叡艦長就任


ミケちゃんシロちゃんの関係性はどうなってしまうのか
この辺りの心模様がポイントでした


武蔵艦長もかちゃんも、かなりいい役回りでした
改めて思ったのですが、もかちゃんって可愛いよなぁ←何を今更
登場人物可愛い娘しかいないけどw


「晴風出航!」
やっぱりミケちゃんこのセリフ聞かなきゃ、「はいふり」の楽しみ激減


序盤は楽しく、そんな中でも何かが起きそうな雰囲気が漂い
中盤以降はハラハラドキドキ、これぞ「はいふり」という晴風の奮闘が良かったなぁ


強いて言うなら、中盤まではA-1pictures素晴らしい作画を堪能出来ましたが、その分後半作画が若干怪しかったのが気になってしまいました
公開に間に合わせるの必死だったのか、予算がもたなかったのか


総じて言うなら、2時間みっちり「はいふり」らしさを楽しめました


我がイチ推し砲術長タマちゃん(立石志摩)
口癖の「うい」メイちゃんとのネタになってしかも超連発
可愛いし超面白いし、最高でした!(≧∀≦)
個人的にはこのシーンだけで観に行った価値充分!


タマちゃん、ここぞという時の信頼感抜群!
見せ場もあって良かったわぁ



そして主人公、艦長ミケちゃん(岬明乃)
ミケちゃんらしいお人良さはありつつ、一人で突っ走ってしまう部分が抑えられ印象はよくなったかな



そしてちゃんとサービスのNYシーンがありましたよぉ(画像は全てTVシリーズより)
今回は特にミケちゃんシロちゃん裸体がほぼ
画像がないのが悔やまれるぅ


◯っぱい!
とまではいかないまでも、ミーちゃんもちゃんと登場してましたよ


TVシリーズお気に入りの、ミケちゃんリンちゃん◯っぱいコンビのNYシーン
このリンちゃん超可愛い!
ミーちゃん◯っぱい見てのこの二人の表情
何も語らず表情だけで醸し出す胸囲の格差社会がすばらっ!


TVシリーズでは、この3人の胸囲の格差シーンも好きでした
この3人の表情がw


俯く、胸に手を当てる、横目でチラリw
◯っぱいはデカけりゃいいってもんじゃないのよ
寧ろ控えめな方が可愛い


程よく形の良さそうな◯っぱいも好きですけどね


髪を解いてましたが、ひかりちゃん(小笠原光)ですよぉ
ひかりちゃんも結構好きなので、今回も映る度にひかりちゃんに視線が奪われました




戦利品パンフレット
このデザイン好きだなぁ!
私が購入したら、なんと最後の一冊でしたε-(´∀`; )


新しい晴風とメンバー


もちろん主要キャラの紹介
タマちゃん可愛いよぉ!
メイタマコンビいいなぁと改めて思った劇場版でした


そして劇場版で新たに登場した船の紹介も
併せて新たに登場したキャラの紹介も載ってました



もう無いと思ってたので、貰えないとばかり思ってた来場特典
さてミニ色紙はだ〜れかな?


顔は分かるが名前が分からんw



今回の劇場版はまさにこんな感じ
「大和型、お色気、キャラクターのドラマ…見たいものを詰め込んだ劇場版」でした


そして「はいふり」らしさといえば
「日常のかわいらしさと重厚なバトルのギャップ」ですね
見てきて良かったぁ!




【前回の◯っぱい】
着衣の制服を脱ごうとしていた娘
流石にもうお分かりですね


海に飛び込もうとしてシロちゃんに止められた


ミケちゃん(岬明乃)でしたぁ!




【本日の◯ップ】
こちらの可愛い◯ップはだ〜れだ⁈
両手で下からプリ尻ちゃんを丸く抱きかかえてますねぇ
超うまやらしいですねぇ♪




本日とある劇場版を観てきたYASUみちのく@甲斐堕戦士デスデス
やっと夜時間作れる日が出来ました
劇場版ネタは次回にでも



今回ピックアップするのは…


「ブンドド・S」
闇の声「なんでサディスティックなブンドドだよ」


実は攻めてると見せかけて、攻められて喜んでるのかもしれないわよ
闇の声「何がしたい!」





というわけで「ブレンド・S」クリちゃんなの
闇の声「無駄に長くなるから、ふざけてないで最初からそう言えよ」


おっきな夏帆


こんなにちっちゃくなっちゃった♡
闇の声「胸じゃねぇだろ!」


◯っぱい真冬さん


ちっちゃいままねσ(^_^;)
闇の声「だから胸じゃねぇだろっ!」



もう一枚、「ブレンド・S」クリちゃん


あら?この角度見えそうで見えないわね
闇の声「平面なのに覗けるか」


夏帆◯っぱい、平面じゃないもんね
闇の声「だから胸じゃねぇって!」


妹属性(設定上)の真冬さんの愛は、私が受け止めるわ♪


真冬さん喜んでるぅ!
可愛ぃぃ!(((o(*゚▽゚*)o)))♡
闇の声「はいはい」



サラミ一丁、原作絵のクリちゃん



同じデザインの
真冬さんピンクリちゃん
闇の声「その言い方が…」


ぬいぐるみを抱えたキャラは可愛いの法則


このクリちゃん、本当は4枚セットなんだけど、夏帆も欲しかったのに無かったのよ(ノ_<)




【前回の◯っぱい】
こちらの◯っぱいは…


日向夏帆(ブレンドS)でした!


敢えてこんがり焼けた夏帆をチョイス
寒いこの時期には、夏っぽい感じがいいかなぁって
個人的にも焼けた褐色肌ツインテールは合うと思うのです


こちらのビキニにするか迷ったんですけどね




【本日の◯っぱい】
着衣の制服たくし上げて


可愛い◯っぱいがこんにちは
こちらはだ〜れだ⁈
海に飛び込もうとしてるとこです
脱ぎかけの制服もヒントかな


まいどぉ
YASUみちのく@甲斐の堕戦士デスデス


今回アップするのはこちら、あっかり〜ん!
「ゆるゆり」10周年記念フレーム切手
闇の声「切手って言いながらクリアファイルだな」


なななんと、クリちゃん8枚もセットになってるのぉ
闇の声「すごっ!」


◯っぱいよ♡
闇の声「胸揉むな」



まずは、赤座あかり歳納京子クリちゃん♡
闇の声「だからクリアファイルと呼べって」


この生脚がステキよねぇ♪
闇の声「またそうやって」


サラシで◯っぱい、ぺったんこ♡
闇の声「元からちゃうんかい」


吉川ちなつ船見結衣クリちゃん♡


サラシ◯っぱいおぺそ鼠径部こんなに露わで、私の身体見てぇ!って感じね

闇の声「そんなアピールちゃうやろっ!」


ちなっちゃんの可愛い◯っぱい♡
闇の声「顔面やめぇ!」


池田千歳杉浦綾乃クリちゃん♡


みんなほんと可愛いわぁ
闇の声「鼻血でとるわっ!」


そして最後は、古谷向日葵大室櫻子クリちゃん♡


私のお気に入り、平成の◯っぱいライバル
闇の声「どんなライバルやねん」


ところで向日葵◯っぱいちっちゃくなったかしら


こんなにあったのに♡
闇の声「サラシのせいだろって、おいっ!


闇の声「何をブッ込んどる」


そして我が大室櫻子可愛い可愛い!


櫻子◯っぱいはサラシ巻いてもちっちゃいまま
闇の声「ちっちゃいどころか無いやんけ」


櫻子◯っぱいなだけもんね
闇の声「どのみちクリアファイルは平面だろ」


揉めば膨らむもんねー!
闇の声「膨らまんわっ!」



そしてこちらがフレーム切手
闇の声「本来メインまで長かったな」


さぁ


開きましょう♪
闇の声股開いてどうすんだ!」


すばらしぃ!


10枚の切手みんなすっごく可愛い!


中でもこの櫻子めっぽう可愛いわぁ
闇の声「ツインテールになっとるしな」



総入れ歯
着ぐるみパジャマのグッズが欲しいのよね



というわけで、櫻子がとっても可愛いというお話でしたぁ!
闇の声「そこかよ」



【本日の◯っぱい】
こちらの◯っぱいはだーれだ⁈
ソフトボール以上ハンドボール以下ってとこね

このページのトップヘ