続「千葉(せんよう)の堕天聖」の導きとともに

7年以上アメブロで続けていましたが、ライブドアブログに引っ越して参りました。 基本的に相互交流を目的としており、ご訪問は定期的にコメントを頂けるブロガーさんに限らせて頂いております。

7年以上アメブロで活動して参りましたが、諸般の事情でこちらに新規開設致しました。 主に深夜アニメ関連のネタや感想、フィギュア・グッズなどが中心のブログとなります。 ブログは自己表現の場であるとともに、相互交流・コミュニケーションの場と考えておりますので、コメント大歓迎! ブロガーさんへのご訪問は、定期的にコメント頂ける方とさせて頂きます。 《過去のアメブロ記事》 https://profile.ameba.jp/ameba/shinig-wizard?frm_id=v.jpameblo&device_id=419c05873ce2425686addbc3a15e1fd2

FullSizeRender



IMG_0366
この姿では新年お初
YASUみちのく@常陸の堕戦士ですですデスペラード




IMG_0382
今更ですが、我が根城の「ガルパン」誰んだー彼んだーにバイバイして


IMG_0383
「ガルパン」誰んだー彼んだーにこんにちはしています


闇の声「普通に言えねぇのかよ」


FullSizeRender
普通に家あるわよ、アンズ(ヒナまつり)じゃあるまいし


闇の声「家ねぇのかよじゃねぇっ!」




IMG_0367
たまた◯見かけたので、コンビニで戦車買ってみた


闇の声「戦車の食玩な」


IMG_0369
基本的に何が入ってるか分からない系は買わないのだけど、持ってない戦車…


IMG_0384
◯ロ◯ロなのあったもんで(俺妹より)


闇の声「また妹妻って、ほんと妹好きだよなぁ」


IMG_0385
「俺妹」の画像だし


IMG_0394
妹好きなのは伏見つかさ先生だし


闇の声「おまえもだろ!」




IMG_0370
さて、◯ロ◯ロなの入ってるかしらん


闇の声「色々もエロエロも入っとらんわ」


IMG_0371
アヒルさんチーム八九式(八九式中戦車甲型)
プチ太平洋戦争マニアの私にとっては嬉しいわぁ


IMG_0372
なんとかパーツを組み立てたらこうなりました


闇の声「なんとかって、パーツ4つだけだったけどな」




IMG_0379
八九式は日本陸軍で元々軽戦車として開発されたけど、重量が重くなったから中戦車の分類になったのよね


中戦車の割に…
FullSizeRender
小ぶりなのが可愛くていいですね( ̄ー ̄)


闇の声「胸に変わっとるがな!」


じゃあ戦車に話に戻るわよ
IMG_0386
「小ぶりはね どデカいのより 上なのよ」
YASUみちのく


闇の声「何が言いたいんだか」




FullSizeRender
八九式って八九寺に似てる気がする


IMG_0390
ちっちゃいし( ̄ー ̄)


闇の声「こらぁっ‼︎ 」


















FullSizeRender
プロレスには感動がある!
YASUみちのく@常陸の堕戦士ですですデスペラード




IMG_0339
「タカタイチマニア3」とにかく無茶苦茶むちゃくちゃ良かった‼︎
というお話




IMG_0338
セミのTAKAみちのく vs エル・デスペラード
20年以上前から使い続ける我がHN(ハンドルネーム)の元となった選手と、私が今最も大好きなIWGPジュニア王者のならず者ルチャドール


多くの大技発表会みたいな試合ではなく、意地を感じる技の攻防が非常に見応え充分
満足度が非常に高いいい試合だった!




IMG_0337
そしてなんと言っても極上だったのはメインのタイチ vs DOUKI


FullSizeRender
ヘビー級とジュニアヘビー級で明らかな体格差とパワーの違い


プロレスラーになりたかった18歳のDOUKIに懇願され、メキシコに送り出すきっかけを作ったミラノコレクションAT
そんな彼への恩を彼の技を本人の目の前で初めて繰り出す事で示したDOUKIの想い


FullSizeRender
解説を放り出してリングサイドに駆け寄り、涙しながら大きな声でDOUKIを鼓舞するミラノ


FullSizeRender
メキシコで泥水を啜っていたDOUKIを知る姉ちゃん的存在
メキシコのリングに上がっていた下田美馬選手が叱咤する


FullSizeRender
限界を超えても意地を見せ信じられない粘りのDOUKIに、会場も一体となって拍手で力を送る


FullSizeRender
試合が決まった瞬間、DOUKIに駆け寄るミラノ下田美馬選手、あべみほさん
このカットやべぇ!


メキシコで18歳のDOUKIの面倒を見ていたタイチだからこそ、試合終了後のマイクに凄く愛を感じる
そしてひたすら泣き続けるDOUKI
よく見るとリングサイドの下田美馬選手もリング上のあべみほさんも目を拭っていた
このシーン何度も何度も見てしまうんだよなぁ




FullSizeRender
そして更に最後にもサプライズ
ボス(鈴木みのる)面白すぎっすw
タイチ選手のディーバあべみほさん、なかなか気付かないけど実はリング内外で気を配って凄くよく働いてるんだよなぁ
更にはオチまでw




FullSizeRender
コメントブースまで下田美馬選手に抱えられてきたDOUKIが泣きながらのコメント
2022年はDOUKIの躍進に期待せずにはいられない




とにかく最高の試合と愛に溢れる本当に本当に素晴らしい興行だった!




マ、ジ、で、PPV(paper view)見て良かったぁ




「タカタイチ 後楽園で 見たかった」
YASUみちのく





IMG_0345
東京スポーツの社長から試合開始前に表彰されたザック・セイバーJr.タイチ
2021年プロレス大賞最優秀タッグ、受賞おでめとー!




注)画像の著作権は新日本プロレスにありますが、素晴らしさをより伝えるために利用させて頂いてます。また敬称略は選手愛によるものです。

IMG_0300
私は健全なので、洗濯物は気にしません( ̄ー ̄)


闇の声「言ってる時点で気にしとるやんけ!」




FullSizeRender
どうも皆さんから妹好きと誤解を受けてる気がするYASUみちのく@常陸の堕戦士ですですデスペラード


闇の声「誤解じゃなくて事実だろ!」




IMG_0323
だって登場する母親キャラに惹かれるし( ̄^ ̄)


闇の声「ロリ好きのくせに無理すんなや」


IMG_0330
覚悟しなさい!
沙々宮紗夜(学園都市アスタリスク)は強い!重力にすら負けない!



IMG_0331
だからノー◯ラ( ̄ー ̄)



闇の声「だからそういうとこだぞ!」

IMG_0316
政宗君の母親(政宗君のリベンジ)みたいのはいないし


闇の声「こんな母親いるかっ!ってかどっちだよ」




さて、最初のお母さん誰でしょう?
IMG_0294
登場した瞬間、この母親にしてこの娘!って思った
若い頃可愛かったのがそのまま母親になった感


IMG_0318
はい、がはまちゃん(由比ヶ浜結衣やはり俺の青春ラブコメはまちがっている)のお母さんがはままです


IMG_0295
大人らしい色気が加わった綺麗さと可愛さがありまする
ひっきーがドキッとしちゃうのも頷けるというもの


闇の声「母親にドキッとしちゃうのか」




さてお次、こちらは誰でしょう?
IMG_0298
見た瞬間、可愛いお母さん!
童顔のお母さんって感じがたまらんとです


IMG_0299
はい、和泉紗霧(エロマンガ先生)のお母さんですね


IMG_0324
紗霧が成長したらこうなるんだろうなって想像したまんまです


闇の声「結局童顔の可愛いママじゃねか」





じゃあ違う系統、こちらは誰でしょう?
IMG_0321
キリッとした表情ですが、綺麗さと可愛さが滲み出ています


IMG_0307
こーんな茶目っ気を見せる辺りも、やはり母親の血を引いていますね


IMG_0309
勿論にこっち(矢澤にこラブライブ!)のお母さんです
実は家事万能しっかり者なにこっちも、可愛さに綺麗さが加わるのかしら


IMG_0308
それにしても母親と三姉妹よく似てるw


闇の声「そりゃ親子だろうに」




ではお次、こちらは誰でしょう?
IMG_0310
若い頃可愛かったんだろうと思える可愛さが今も滲み出ていますな


IMG_0311
はい、藤宮さん(藤宮香織一週間フレンズ。)のお母さんです
特徴的な作画も相まってよく似てらっしゃる


IMG_0314
ちょっと天然っぽい感じは母親譲りなんでしょうね


IMG_0312
若し結婚したら、こんな可愛くて綺麗なお母さんが義理の母親に


IMG_0313
別れて家に帰る時の姿がデート後のさよならっぽくて、このシーンにドキッとしたのをよく覚えています



闇の声「母親の方とデート気分かよ」



IMG_0302
ちなみに早苗さん(古河早苗CLANNAD)もかなり可愛いと思うのですが


IMG_0303
こういう茶番(?)とか


IMG_0304
ネコ耳メイドに引き気味になりました


IMG_0306
古河渚の天然っぷりは間違いなく母嫌譲りでしょうが、渚の方がまだ可愛い範疇の天然かな
そのうち母親みたいにアホ毛が三本に増えるのかしらw


闇の声「なんでだよ!」




IMG_0319
「好きなキャラ 母も綺麗で 可愛いな」
YASUみちのく








このページのトップヘ